高校生向けの教室

束になった色チョーク

最近注目されている評判の予備校の特徴は、現役高校生向けのコースが充実していることである。特に難関私立大学や国公立大学にも現役で合格できるような予備校であれば、コストパフォーマンス的にも優れているであろう。また通常の講義形式の授業以外にも映像授業も充実しているので、何度でも繰り返し復習できる点も評判の理由である。また現役コースの場合には1科目から受講できるので、費用が非常に割安な点が魅力的である。そのために苦手科目にターゲットを絞った場合には、年間費用は20万円程度であろう。また受験に必要な科目をすべて受講する場合には、年間費用が50万円を超えるのが一般的である。しかし費用の中には自習室の利用費も含まれているので、非常に割安であろう。

特に現役高校生に利用しやすいのが、映像授業をメインにしたコースである。映像授業を利用するコースであれば、通常の講義形式の授業の半額程度である点が魅力的である。しかも映像授業コンテンツの豊富な評判の予備校であれば、レベルに合わせて最適な授業を選べるであろう。しかもブースで個別に受講できるので、学校や部活動のスケジュールに合わせて利用できる点も魅力的である。また映像授業のコースは、選択する科目数が多くなるにつれて、1講座当たりの単価が割安になるのが魅力的である。そして予備校の様々な割引制度を利用するのが最近のトレンドである。その中には友人紹介割引や兄弟姉妹割引もあり、教育費を節約したい家庭に評判である。