幼児教育に携わる方法

黒板に書き込もうとする少女

大学から将来幼稚園教諭を目指す学生は多くいる。幼稚園教諭となるには、幼稚園教諭免許状が必要である。 近年、幼稚園教諭免許状と保育士資格を在学中に両方取得する学生が増えている。なぜかといえば、認定こども園制度が始まりつつあるからである。認定こども園制度とは、保育所と幼稚園を制度的に統合し、認定こども園とすることである。認定こども園で保育者として働くには、保育士資格と幼稚園教諭免許状の2つを取得していなければならないのである。保育現場での就職選択肢を広げるため、多くの学生が2つの資格の取得を目指している。そして、両方を取得するには、大学での学びが最も効率が良い。短大でもどちらかの資格の取得は可能だが、両方の取得は在学期間中には難しい。

現在多くの大学では、大学に保育施設が付随されていることがある。大学に保育施設があるというのは、学生や子どもの保護者にとって大きなメリットがある。 学生側のメリットとしては、大学内で子どもとの接し方を学べることがあげられる。保育に携わる職業を目指す学生は、幼稚園教諭免許状と保育士資格をどちらも取得するとなると、学業以外の時間が確保しにくい。そのため、実践的経験や豊かなものの見方が乏しくなる可能性がある。大学内に子どもたちがいれば、ちょっとした時間でも彼らとふれあい、様子を観察することができるのだ。 保護者側のメリットとしては、より安全性をもって子どもたちを保育施設に預けることができることが挙げられる。常に人が多い大学内では、子どもたちによく目が行き届くため、トラブルも幾らか減るためである。